TOPページ > もっとこども目線プロジェクト

ランドセルの色がカラフルになり、子供たちが自分らしい色で学校生活を楽しんでいます。
好きな色を身につけて元気になれるのは、大人も子供も変わりません。
学校の雰囲気がもっと明るくになって、学校へ行くのが楽しい。
そんな机や椅子をめざしています。

第一ビジョン コンセプトモデル「カラフルチェア」

背板・座板が色とりどりの「カラフル・チェア」
こんな椅子が教室にあったら…
楽しそうだとおもいませんか?

丈夫なスチール部分に比べ、木の天板は使うほどキズや傷みが目立つようになります。
そこで天板だけを取り替えられる方式を採用し、より長く机を使えるようにしました。
しかも、きれいだから気持ちよく使うことができ、分別廃棄も可能になります。

第一ビジョン
「机をリフレッシュ」

フレームより傷みが早い天板を交換することで、
より長く使うことができます。

ずいぶん昔から形が変わっていない。なつかしい。
そんな印象を持たれているDAIICHIの机・イスですが、
実は日々進化しているのです。
安全のため。より低コストでご提供するために。
小さな工夫の積み上げがDAIICHI製品をカタチ作っています。

第一ビジョン 「安全を考えた折り曲げ加工」

机と椅子の側板端部に折り曲げ加工を施し、丸みを持たせています。
フック形状も手などを引っ掛けてケガをしにくい丸みのある形状に。

フックの形状

机の横を通り抜けた時に、引っかからないように丸みのある形状になっています。二重形状で鞄の掛けやすさにも配慮しました。

折り曲げ加工の延長

側板端部は内側に折り曲げ、縁に丸みを持たせました。触れてもケガをしないように安全性に配慮しています。

引っかかり防止

机の物入れの下側は、スチールの合わせ目ができる部分。腿が引っ掛からないように、段差をほとんど感じないなめらかな加工を施しています。



ページトップへ